空腹で血糖値が下がる時に起こるめまい

血糖値ってなに?

このページは2018年7月に再編集させていただきました

おなかがすいた時だけに!

 

頭から血がスーっと下がったような、全身が震え出すような感覚、めまいが起こるあなたは「空腹時低血糖症」。

 

お腹がすきすぎて目が回るというような言葉もあるほど、空腹によってめまいが引き起こされることは珍しいことではありません。

 

空腹によるめまいは「低血糖」である場合がほとんどです。

 

 

 

空腹によるめまい 「低血糖」

 

空腹状態というのは、脳に送られてくる血液の中の糖が不足することによって起きるものですので、空腹を感じている時というのは胃の内容物がなくなってしまったというわけではなく、血糖値(血液中の糖質の量)が下がっている状態であるということを意味します。

 

この低血糖になると、めまいの他に、異常な空腹感・脱力感・手指のふるえ・冷汗・動悸などが突然に現れます。

 

低血糖が原因で起こるめまいは、身体が食べ物を摂取するように出しているサインです。

 

低血糖が起こった時は、ビスケット1つでも摘んだり、軽く食事・間食をすることで、すぐに症状は改善します。

 

仕事が忙しい、あるいは時間がたつ内に空腹感を忘れてしまったなど、このサインを放置してまった場合、最悪、意識を失ってしまうという深刻な状態を招きますので、空腹だからといって侮ってはいけません。

 

脳の活動を維持するためには必ず糖が必要となり、不足すれば脳への神経伝達も悪くなり、めまいも起きやすくなります。

 

 

低血糖を起こしやすい過ごし方

 

・食事の量が少なかったり、食事時間が遅れたり、また決められた間食を食べなかった時。

 

・運動量や労働量が多すぎる時、または空腹時やインスリンの効果の強い時間帯に激しい運動を行ったとき。

 

 

以上の過ごし方をしていると、低血糖に陥りやすいのです。

 

 

改善方法は、「食べること」。お菓子1つ(ビスケット、クラッカー、果物等)、摘めることが出来れば、低血糖は怖い症状ではありません。

 

 

もしも、低血糖症を疑うようなめまいが頻繁に起こった場合は、取り返しがつかないような状態になる前に病院へ行って適切な検査を受けた方がよいでしょう。

 

めまいは生命を維持するための重要なサインなのです。

 

低血糖にならないようにと、よくお菓子を食べ過ぎたりする方がいますが、逆に糖尿病の危険性があがりますのでご注意下さい。

 

糖尿病になるのは困る、コンビニのお菓子などは苦手、添加物が嫌、という方には間食にも使える、無添加「サプリメント療法」などをお教えしています。

 

おすすめしているすべて食品はメンタルカウンセラーの私も食べ、各会社にも添加物の有無の確認の電話もしている栄養補助食品です。

 

添加物などを使用していない安心なものを、さらに少しでも手の届きやすい価格帯のものを厳選しています。

 

その1つが「にんにく玉ゴールド」と呼ばれるにんにく卵黄のサプリメントです。

 

九州の地に根付く滋養食で、このサプリメントには自律神経の切り替えるための栄養「ビタミンB1」の強化版「アリチアミン」が豊富に含まれています。

 

ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。

 

体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。

 

私は空腹の時のオヤツとしても常備しています。あめ玉よりもずっとヘルシーです。

 

 

 

詳細はコチラ。