女性特有のめまい

女性特有の 女性特有のめまい

女性特有のめまい、といえば出産や月経に関わるものですね。特に妊娠、出産を経験した方はめまいを体験されている方いらっしゃるのではないのでしょうか?

 

 

 

生理時のめまいは鉄欠乏性貧血かも

 

毎月の月経は女性にとって、人生の大半を付き合ってゆくもの。

 

生理中はただでさえ、血を失いやすく、目眩とともに下腹部の痛みもあって、大変なことです。

 

「鉄欠乏性貧血」とは、どうゆう症状?

 

女性特有の変化である月経は、以下の変化が挙げられます。

 

■ ホルモンバランスの変化
■ ヘモグロビン(血)・鉄分の減少

 

ホルモンのバランスの変化は自律神経の切り替えにも不具合を起こし、またヘモグロビンは酸素を運ぶという重要な役目をになっているので生理中は血中酸素不足に陥ります。
「鉄欠乏性貧血」はPMS(月経前症候群)の一つの症状でもあり、自覚する症状には

 

・めまい
・吐き気
・しびれ
・冷や汗
・寒気
・視界が真っ暗になる
・力が入らない
・下腹部が痛い

 

このような症状を同時に発症する方や、一部だけ感じる方がいます。

 

この時のめまいの特徴としては、ふらっと一瞬揺らぐほどで、失神することはほとんどありません。

 

「鉄欠乏性貧血」の対処法

 

鉄分に関して、レバーやほうれん草などをこまめに食事に取り入れることで防ぐことが可能です。
ホルモンバランスの変化は、女性が妊娠する体を作り続けるために必要なものです。連鎖的に自律神経のバランスを崩しているので、自律神経の切り替えを正常に戻す栄養が必要になります。
女性の体はデリケートです。薬を飲み続けると、子供を授かる体から遠ざかることがあるので不安だという声も聞きます。

 

そんな方にオススメしているのは、天然素材つくられ、各会社に直接電話して無添加を確認した、カウンセラー自身も飲んでいる自律神経を整え、めまいを緩和するサプリメントをご紹介しています。

 

生理のために鉄分不足からの酸素不足のため、確かに脳の酸素も不足していますが、血流は保たれているため、低血圧のような極端な失神にはなりにくく、大抵は数秒で収まります。

 

このめまいは大抵は立ちくらみと呼ばれるタイプのものです。

 

鉄分を補給するために

 

生理のかたも含め、貧血気味の方にはまず鉄分補給が第一前提になります。

 

鉄分を補給するために、よく「フライパンを鉄製にしたら鉄分取れるよ!」と聞きますが、そのフライパン等の鉄は、体内で溶けていくことはないため迷信です。

 

鉄分を取るためにはちゃんと、食事からの摂取が望ましいです。
レバー、ヒジキ、きくらげ・焼きのり、etc…

 

鉄分を摂取しても、体に吸収されなければ意味がありません。体への、鉄分の吸収率を上げる食べ物としては「ニンニク」を推奨します

 

 

失神するめまい

 

低血圧の脳虚血発作によるめまいは脳の血流が足りなくなるため全身がだるくなり、ひどい場合は失神しますがしばらくして血圧が安定すると元に戻ります。

 

朝礼などで倒れるのがこのタイプです。失神しているので倒れた後のことはあまり覚えていないことが多いようです。

 

失神するめまいのかたは、脳梗塞などの疑いもあるため、病院での診察を受けて下さい。

 

 

妊娠初期にもめまいがある!?それはつわり??

 

妊娠の初期症状としてもめまいは存在します。
女性は妊娠をすると、その血液量が変化をします。血液が赤ちゃんの分まで流れるために血液が増加します。血液の増加と消費は母体に少なからず負担をかけるものです。

 

その為、眠気やめまい、頭に血が昇る、熱っぽくなるといった症状が起こるのです。

 

また、体の変化も相まって自律神経系がずっと緊張状態になり、つわりとしてででくるものもあります。
これも「自律神経失調症」の一つの症状です。

 

つわりによるめまいの対策としては

 

1、ゆっくりとした動作を心がける。

めまいは、急に動くことによって起こる可能性が高い症状です。てきぱきした人にはしんどいかもしれませんが、ここは赤ちゃんのためにゆっくり動きましょう。頑張ってしまう妊婦さんが多いので、周りの人のサポートが必要かもしれません。

 

 

2、食事にほうれん草などの鉄分を

つわりの症状に食の変化があり、血液対策に必要なレバーなど食べられなくなる場合は、ジューサーで濾過したほうれん草のジュースなどで鉄分を補いましょう。血が必要な時期ですので、少しでも工夫して摂取が必要です。

 

 

産後のめまいや吐き気の症状の原因

 

この出産の後の特定の時期には、めまいや動悸に加え、吐き気など様々な症状が出てくることがあります。

 

実際に聞いたお声の中には

 

「産後4週間、めまい、吐き気があって、まるでつわりのよう」
「病院で血液検査をしても異常なしで困っています」

 

というコメントをお聞きしています。

 

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

ホルモンバランスが元に戻っていない状態です

 

俗にいう「産後の戻りが悪い」状態です。赤ちゃんという人一人を産んで、頑張った体が元の状態に戻るには個人差があります。
また血液を大漁に失ったことで、ヘモグロビンや鉄分も不足状態です。

 

しかし、これらの原因というのは、病院の先生から聞いていたりして、実際の対処が薬の服用、というのが現状の方がほとんどでした。
産後で弱っている体に薬はちょっと…と口籠る方もいらっしゃいました。

 

ここでは吐き気やめまいを改善するために、2つの対処をご紹介します。

 

対処その① 漢方薬での改善

 

吐き気に対して有効な漢方薬が市販でも販売されています。

 

■五苓散(ごれいさん)…吐き気に対して有効で、胃から胃酸がこみ上げてくる吐き気用途されています。

 

■加味帰脾湯(カミキヒトウ)…こちらはストレス性に対する胃腸の不具合によく処方されます。めまいの緩和にも効果あり。

 

この二つは飲み合わせても大丈夫ですので、産後のめまい、吐き気の方におすすめしています。

 

 

対処その② サプリメント療法での改善

 

漢方薬は効くけど高い…という方には、カウンセラーがオススメするサプリメントがあります。

 

ホルモンバランスが戻っていないことから、自律神経が乱れてしまっている方に対して自律神経を整える栄養素を豊富に含んでいるサプリメントをご紹介しています。

 

おすすめしているすべて食品はメンタルカウンセラーの私も食べ、各会社にも添加物の有無の確認の電話もしている栄養補助食品です。
添加物などを使用していない安心なものを、さらに少しでも手の届きやすい価格帯のものを厳選しています。

 

その1つが「にんにく玉ゴールド」と呼ばれるにんにく卵黄のサプリメントです。

 

九州の地に根付く滋養食で、このサプリメントには自律神経の切り替えるための栄養「ビタミンB1」の強化版「アリチアミン」が豊富に含まれています。

 

ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。

 

体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。

 

詳細はコチラ。

 

もし産後1年以上経過しても、めまいや頭痛などの体調不良が続くという方の場合は、専門的な医療機関を受診して詳しい検査が必要になります。

 

一般的なめまいの場合には、耳鼻科を受診して専門的な検査を受けますが、産後の場合には通常の耳鼻科では原因が把握できないことが多いので、専門的な診療科を受診する必要があります。

 

 

平衡感覚がなくなりめまいが起きやすい更年期


更年期には様々な症状が現れます。ホルモンは自律神経を安定させる働きがありますが、更年期でホルモンのバランスが崩れると、自律神経もバランスを崩してしまいます。

 

自律神経が乱れると平衡感覚がなくなってしまい、ふらふらしたり目が回るという現象が現れます。

 

この時のめまいには回転性と浮遊性の2種類があります。

 

また自律神経が乱れていると、血圧も安定しないのです。高血圧になったり低血圧になったりして、脳に届く血液の量も不安定になり、めまいという現象が起こってきます。

 

めまいが起こると立っていられなくなったり、吐き気を催したりすることもあります。なにか悪い病気でもないかと不安にもなりますが、更年期の時期に当てはまり、脳や耳に異常がない場合は更年期障害の一つだということが言えます。

 

めまいの症状が出てつらくなったときは安静にしておくとよいでしょう。

 

ホルモンのバランスが崩れ自律神経に影響をしてくると、めまい以外にも様々な症状が出てきます。

 

頭痛や肩こり、冷え、のぼせ、動悸、しびれ感などの身体的症状のほか、イライラしたり、不安感が襲ってきたりという精神的な症状も現れます。

 

これらの症状は、卵巣機能の低下によって、エストロゲンという女性ホルモン「卵胞ホルモン」の分泌量が減ってくることに原因があります。そして逆に脳下垂体からエストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモンが多く分泌されるようになります。更年期はそれらのホルモンのバランスが良くないという状態なのです。

 

エストロゲンは身体的にも精神的にも安定させる働きがあります。そのホルモンの分泌が減少してきているので、身体的にも精神的に不安定になってしまうという時期なのです。このような症状は個人差がありますが、閉経の前後10年くらいの間です。症状がひどい時は婦人科で症状を和らげる薬を処方してもらうといいでしょう。

 

また栄養バランスを考え、適度に運動もすることが大切です。ストレスや疲れをためると症状が悪化しやすいので、適度に休養もしながら、ストレスや疲れをためないようにすることも大切です。

 

 

産後のめまいや吐き気の症状の原因


この出産の後の特定の時期には、めまいや動悸に加え、吐き気など様々な症状が出てくることがあります。

 

実際に聞いたお声の中には
「産後4週間、めまい、吐き気があって、まるでつわりのよう」
「病院で血液検査をしても異常なしで困っています」

 

というコメントをお聞きしています。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

ホルモンバランスが元に戻っていない状態です

 

俗にいう「産後の戻りが悪い」状態です。赤ちゃんという人一人を産んで、頑張った体が元の状態に戻るには個人差があります。
また血液を大漁に失ったことで、ヘモグロビンや鉄分も不足状態です。

 

しかし、これらの原因というのは、病院の先生から聞いていたりして、実際の対処が薬の服用、というのが現状の方がほとんどでした。

 

産後で弱っている体に薬はちょっと…と口籠る方もいらっしゃいました。

 

ここでは吐き気やめまいを改善するために、2つの対処をご紹介します。

 

 

対処その① 漢方薬での改善

 

吐き気に対して有効な漢方薬が市販でも販売されています。

 

 

■五苓散(ごれいさん)…吐き気に対して有効で、胃から胃酸がこみ上げてくる吐き気用途されています。

 

■加味帰脾湯(カミキヒトウ)…こちらはストレス性に対する胃腸の不具合によく処方されます。めまいの緩和にも効果あり。

 

 

 

この二つは飲み合わせても大丈夫ですので、産後のめまい、吐き気の方におすすめしています。

 

 

対処その② サプリメント療法での改善

 

漢方薬は効くけど高い…という方には、カウンセラーがオススメするサプリメントがあります。

 

ホルモンバランスが戻っていないことから、自律神経が乱れてしまっている方に対して自律神経を整える栄養素を豊富に含んでいるサプリメントをご紹介しています。

 

おすすめしているすべて食品はメンタルカウンセラーの私も食べ、各会社にも添加物の有無の確認の電話もしている栄養補助食品です。

 

添加物などを使用していない安心なものを、さらに少しでも手の届きやすい価格帯のものを厳選しています。

 

その1つが「にんにく玉ゴールド」と呼ばれるにんにく卵黄のサプリメントです。

 

九州の地に根付く滋養食で、このサプリメントには自律神経の切り替えるための栄養「ビタミンB1」の強化版「アリチアミン」が豊富に含まれています。

 

ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。

 

体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。

 

 

詳細はコチラ。

 

もし産後1年以上経過しても、めまいや頭痛などの体調不良が続くという方の場合は、専門的な医療機関を受診して詳しい検査が必要になります。

 

一般的なめまいの場合には、耳鼻科を受診して専門的な検査を受けますが、産後の場合には通常の耳鼻科では原因が把握できないことが多いので、専門的な診療科を受診する必要があります。

 

 

妊娠初期にもめまいがある!?それはつわり??

 

妊娠の初期症状としてもめまいは存在します。

 

女性は妊娠をすると、その血液量が変化をします。

 

血液が赤ちゃんの分まで流れるために血液が増加します。血液の増加と消費は母体に少なからず負担をかけるものです。

 

その為、眠気やめまい、頭に血が昇る、熱っぽくなるといった症状が起こるのです。

 

また、体の変化も相まって自律神経系がずっと緊張状態になり、つわりとしてででくるものもあります。

 

これも「自律神経失調症」の一つの症状です。

 

 

 

つわりによるめまいの対策としては

 

1、ゆっくりとした動作を心がける。

 

めまいは、急に動くことによって起こる可能性が高い症状です。てきぱきした人にはしんどいかもしれませんが、ここは赤ちゃんのためにゆっくり動きましょう。

 

頑張ってしまう妊婦さんが多いので、周りの人のサポートが必要かもしれません。

 

 

 

2、食事にほうれん草などの鉄分を

 

つわりの症状に食の変化があり、血液対策に必要なレバーなど食べられなくなる場合は、ジューサーで濾過したほうれん草のジュースなどで鉄分を補いましょう。

 

血が必要な時期ですので、少しでも工夫して摂取が必要です。

 

しかし、鉄分を補って血液が安定しでも、目眩が緩和されない場合、カラダの自律神経のスイッチが戻っていないことが考えられます。

 

自律神経の切り替えに必要な栄養素は鉄分ではなく「ビタミンB1」です。その栄養素を含んでいる野菜を沢山…といいたいところですが、実は野菜などに含まれるビタミンは水溶性で、食事で摂取してもすぐに体の外に排出されてしまいます。

 

目眩が安定しない方は、自律神経を整える栄養素の摂取をしてみましょう。